からだを信じて生きてみる

サエグサ流メソッドを知って、からだの声を聴いて、もっと自分らしく! サエグサ龍生(三枝誠)の娘ブログ。

そして、いつもいっぱいのロマンス

 

先日ご縁をいただき、

仏蘭西料理「北島亭」に

連れて行っていただきました。

 

f:id:nadeshikokana:20170304170617j:plain

 

北島亭と言えば、

フレンチ好きで知らない人はいない

老舗のフランス料理店。

 

 

そのシェフ、北島素幸氏に

初めてお会いしたのは、今年の初め。

小さな新年会に同席させていただき

その熱い熱いお人柄に触れ、

一夜にしてファンになりました。

 

一瞬の出会いや、感動のひと時を

何十年もその密度そのままに

心に留めておられる方で

美しいまでのエナジーカラー白。

青春時代のお話を聞いていたら

シェフの想いが伝って、

ポロポロと泣いている私がいました。

 

 

ご著書「北島素幸のフランス料理

〜僕はトラディショナルを追求する〜」は、

北島素幸のフランス料理ー僕はトラディショナルを追求する

レシピがメインではありながら

後半にはシェフの語り口で書かれた文が

たっぷりめに載っており、

お人柄が伝わってきます。

そこを読むだけでも

“こだわり”という言葉を越えた

ご本人の信条と愛情があふれて

読み手に届いてきます。

 

65歳になった今でも

毎朝、欠かさず築地へ出向き

食材を仕入れてらっしゃるシェフ。

気取らず、ただ真剣に向き合う。

 

トラディショナルを追求されている

シェフの料理は、豪華絢爛なのだけど

お高くとまっているような気配は微塵もなく

むしろ温かい。

歴史が刻まれた店内の雰囲気も相まって、

ほろッとさせる隙までも与えてくれます。

清々しく、潔い生き方が料理に、お店に

沁みているように思えてなりません。

 

 

 

 

ちょうどこの記事を書いている時に、

目の前に飛び込んできた一枚の張り紙。

f:id:nadeshikokana:20170314192126j:plain

人が人らしく だらしなく なさけなく 

でも真剣に いつわらず 純粋に濁らず

けんめいに あくまで猛然とけんめいに

己れのやり方で生きている

そんなドラマをテレビで書きたかった

      「北の国から」 倉本聰

 

そう、まさに、北島シェフの生き方を

表している言葉でした。

 

 

 

 大御所であるシェフが

「もう少し上手になりたい」

と本気で仰るから、もう言葉がありません。

明日からまた頑張らせていただこうと

たくさんの愛情を受け取って想うのでした。

 

f:id:nadeshikokana:20170304171327j:plain

 サインも!!

 

 

北島素幸のフランス料理ー僕はトラディショナルを追求する

北島素幸のフランス料理ー僕はトラディショナルを追求する

 

 

 

 

グルーミングしてますか?

 

洗顔やシャンプーは、毎日する。

という人は多いですよね。

では、爪や耳のお手入れはどうですか?

 

 私の場合は、

手の爪を伸ばすと

指の先が使えなくなるので、整体に不向き。

足の爪を伸ばすと

ケガの原因になるので、合気道に不向き。

なので、爪が少しでも伸びると、

すぐに察知します。

でも耳に対しては、鈍感でした。

 

 

チャンスに強い人は、

グルーミングの大切さを心得ています。

 

 全身の神経を使って、

流れを読んだり、察知するために

日頃から身体を整備しているんですね。

そういう人は、耳そうじの頻度も高い

耳垢が少しでもたまると、

バランス感覚が悪くなるので

すぐに分かるのだそう。

 

 

もともとグルーミングは、

毛づくろいという意味ですが、

ヒトの場合は、爪と毛と垢が対象かなと

勝手に捉えています。

 

さらに。

自分自身に対して行う

セルフグルーミング以外に

他の個体に対して行う

社会的グルーミングがあり、

家族の絆を築いて補強したり、

紛争解決の手段にも用いられたりと

衛生面を超えて、

健康、平和につながる行為なわけです。

 

三枝ワードで言えば、肌IQの高まる行為。

からだの先端まで自分の気が行き届いている

それを、花に水をあげるごとく自然に続ける

こまめに整備し、鋭敏にしておく。

 

そんなからだをしていたら、

自然と運気がいいモノやコト

チャンスが舞い込むように思いませんか?

 

f:id:nadeshikokana:20170224021458j:plain

 

 

過去記事も。

nadeshikokana.hatenablog.com

 グルーミングの延長のお話。

nadeshikokana.hatenablog.com

 

 

ニュートラルのその先へ。

 

これまで使ってきた身体の使い方のクセ

というのが、あります。

例えば、箸の持ち方とか

歯磨きの仕方、雑巾の絞り方なんかでも。

躾や、その他マナー教室などで

きちんと身についた人もいると思いますが

逆に、ただ食べる、磨く、絞るために

その方法や手順については自己流で、

気がつけば、それが長年のクセになって

いることも多いはずです。

 

大人になってから、

歯医者で歯磨きについて改めて教えられたり

茶道をはじめとした“道”がつくもので

その手順や細やかな所作に意味があり

それが少し違っただけで、結果が大きく

違ってくるのだと知ったりするわけです。

 

そこで、まずは、ニュートラルに戻す

ということが大切だと書いてきました。

からだの使い方のクセを取る、と同時に

考え方のクセもリセットする必要があります

 

周囲を飛び交う雑多な情報に触れていると

知らず知らずのうちに、いわゆる“一般常識”

というハコに収められてしまいがちです。

“一般的”なことは、誰かが決めたことなので、

ニュートラルではありませんよね。

 

ニュートラルのイメージは、

生まれたまんまの元の状態

 頭もカラダもニュートラルに戻す作業は

メンテナンスメニューの定番でしょう。

 

からだにアプローチすることの醍醐味は、

からだの使い方が変われば、

マインドもつられて変わってくることです。

三枝メソッドは実に実践的で有難いです。

 

さて、今年はさらに、その先について。

ニュートラルな状態になれたら、

次は、“チャンスに強い”です。

 

チャンスに強いカラダ。

そのための心得やルーティン、

そしてカラダの使い方。

そんな視点が今のテーマです。

 

チャンスというのは、

意外と近くを通っているのだけど

そもそもチャンスだと気づけなかったり

チャンスが来ても受け取れなかったり。。

人のことだと分かるのに、

自分のこととなると。なんてことも。

 

チャンスかどうかわからなくても

チャンスに強いかどうか

その方が大切で、

その方が人生に生かせる気がしています。

 

 

 

f:id:nadeshikokana:20170220125003j:plain

 さぁ、その先へ。

 

一線を越えるな。

 

人間関係においても、

間合いって大事。

そして、結構、難解なものだと思います。

 

仲良くなってからの間合いは、

もっと大事で、もっと難解。

 

特に、「家族」になると、

間合いは、肝とも言えます。

 

 

合気道は間合いの勉強でもあって

難解だからこそ、面白く

そして、ぴったり間合いが決まった時の

心地よさったらないわけです。

 

 

 

正月に引いたおみくじは、大吉でした。

でもそれ以上に、面白かったのは、、、

f:id:nadeshikokana:20170127233612j:plain

 

恋愛のところ

f:id:nadeshikokana:20170127233657j:plain

 

「一線を越えるな」

 

 

一般的に一線を越えるとは、

一夜を共にすることと思いがちですが、

まさに、「適正距離を保て」ということだ

私は受取りました。

つまり、間合いの話です。

 

人というのは面白いなと思います。

人同士の距離が縮まるのは、

フィジカルにも、メンタルにも

グッと近づいた時です。

つまり、一歩踏み込んだ

シチュエーションの時ですよね。

 

 

間合いというのは、

常に一定距離を保つということでなく、

その時々の適正距離を保つこと。

 

つまり、

行く時は行き、

引く時は引く、ということ。

しかも、海の満ち引きみたいに

自然なのが理想です。

 

男女関係においても、

これが無いと、先に進みませんよね。

だからと言って、

そのまま土足で上がるのは、失礼だし

遠慮して上がらないのも、残念です。

ひとたび、上がったなら、引き際が肝心。

 

まさに、一線を越えるな。

 

 

料理の塩加減に似ているなと思います。

塩が足らないと、ボヤケてしまうし、

塩が過ぎると、辛くて食べられなくなります

だからといって、無難に薄味にするのか、

それとも、ギリギリの塩加減に挑むのか。

 

チャンスに強い人は、

そのギリギリに挑むような人のことを

指すのでしょう。

 

 

 

波乗りみたいに、悠々と、

線上を行きたいものですね。


 

f:id:nadeshikokana:20170127234739j:plain

 

ちなみにこのおみくじ、

一旦、神社に結んできたのですが、

傑作だったので、神様に断って

翌日、取りに戻ったのは、ここだけの話。

 

 

 

子守唄は JAZZ...

 

NYに住んでいた頃は、毎週末、

ジャズの生演奏があるレストランに

入り浸っていたものです。

と、いってもまだ小さかった私は、

クランベリージュースを飲みながら

そのうち眠くなって、2つ並べた

固い椅子の上でウトウトするのが常でした。

 

レストランといっても、

とてもカジュアルなカフェみたいな空間で

ムーディな照明と、

外国人の体臭とコロン、タバコの煙、そして

ソウルフードの匂いが入り交じった店内で

心地よく耳に届く、ジャズの音色と振動を

子守唄にして寝ているような子どもでした。

 

そんな環境で育ったので、

ちょっと暗めの照明で、ジャズが流れていると

それだけで落ち着くという子供時代に

音楽の趣味が合う友達はいませんでした。笑

 

 

今では、

丁寧に作られたお酒と共に、

cigarをちょっと吸いながら

心地いい音楽を、照明を落とした場所で

楽しむのが、自分へのご褒美。

 

f:id:nadeshikokana:20170127195749j:plain

 

 

 

あの時の安らぎと穏やかさが甦るから

なのかもしれません。

 


Sarah Vaughan - Lullaby of Birdland

 

 人の幼少期の体験は、

本人が認識している以上に

深く影響を及ぼしているものですね。

 

やさしさとか愛情とか。

 

高校生から助手として働いてきた私は、

うんと年上の方の話を聞く機会が多かった。

話す時間は、一ヶ月に一度くらいの

ちょっとの時間なのだけれど、

ちりも積もれば山となるで、

無知な高校生を相手でも

何年にも渡って顔を合わせてるうちに

家族や伴侶にも話さない

憂いや哀しみ、切ない想い出を

聴くことがありました。

 

そのお気持ちを聴くのも切ないのですが、

心の奥に刻まれたそんな気持ちを

赤の他人の自分が聴いていること自体に

やりきれない想いを持ったものです。

 

 

先日、

数年前に亡くなった会員さんのご自宅に

ご挨拶に伺いました。

奥様とお話をしている間に、

生前お話くださったことが甦り、

懐かしい気持ちに浸っていました。

 

帰り際、思い出したように奥様が

3枚の写真を見せてくれました。

 

f:id:nadeshikokana:20170127024815j:plain

 

ウィスキーをこよなく愛したその方は、

“聖地”と言われるアイラ島

何度も訪れていたことを初めて知りました。

そして、もしも自分が亡くなったら、

「遺骨をその海に撒いてほしいなぁ」と

つぶやいていたそうです。

 

亡くなってしばらくした頃、

アイラ島の旅に同行していた友人が

ほんの一部だけれど遺骨を持って、

アイラ島に渡り、

ラフロイグの蒸留所に許可をもらって、

目の前の土に埋め、

残りを海に撒いてくれたのだそう。

 

その時の写真を見せられて、

私は涙が止められなかったです。

 

人格者で、人気者で、

成功者と見られていたであろう彼の

孤独や、やるせない想い。

そして、それと共に歩んだからこそ

生まれた優しさや愛情。

そういうものをその人は持っていました。

 

ウィスキーを覚え始めた今なら

もう少し、彼を理解することができたのかも。

そんな思いに駆られながら、

ご自宅を後にしました。

 

 

 

 やさしさとか、愛情とかの言葉の意味が

少しわかった気がした日でした。

 

 

 

思いやりとHospitality.

 

誰かのひとことで、

気がついたり、目が覚めることがあります。

 

 

私は、ある人のこんな言葉に

ドンッ、という衝撃を受けました。

 

「作り手のことを考えたら、

シングルモルトを割って飲むなんて

とても、できないですよ。」

 

 

モノを目の前にしていながら、

作り手のことに思いを馳せ

敬意を表して、意向を汲むような人は、

作り手であった過去を持っているか、

今もなお、作り手であるか。

 

いずれにしても、

舞台裏という世界を知っていて、

苦労をしたことがある人で

孤独に向き合ってきた人。

そんな風に私は、受け止めました。

 

 

 

エナジーカラーや整体指導について

勉強している身としては、

“思いやり”について

考えさせられることが多い。

何が相手への“思いやり”になるだろう、と。

 

整体指導というのは、

身体に触れるばかりではなく

言葉をプレゼントすることも含まれる

 

「あの時の、あの人の一言が

きっかけで今の私があります。」

なんてセリフを聞くことありますよね。

 

言葉掛けだけでも、からだは変わるし

人生の方向性も見出されることがあります。

 

どんな言葉が、相手の背中を押すだろうか

人生を好転させるヒントになるだろうか

トラウマを解くキッカケとなるだろうか

 

「自分がしてもらって嬉しいことを

必ずしも他人が喜ぶとは限らない」

というのが、整体の野口先生の考え方。

(だからこそ、体癖論やエナジーカラーは

他人を知るツールになり得るのですが。)

 

相手を思いやることができる人は

美しいなぁと思います。

それが、“一流”と呼ばれる人なのだろう。

それは整体師に限らず、

ドアマンでも、看護師でも、占い師でも、

シェフでも共通することで、

本来のHospitalityの源にある

優しさなのだと思います。

 

f:id:nadeshikokana:20170127155413j:plain

 

大事なことの多くは、

barで受け取ったかもしれません。