からだを信じて生きてみる

サエグサ流メソッドを知って、からだの声を聴いて、もっと自分らしく! サエグサ龍生(三枝誠)の娘ブログ。

本田圭佑とルーティン。

ルーティーン、ルーティーンと書いていたらタイムリーにこんな記事が目に留まってそうそう、と同感。 www.iza.ne.jp ルーティーンの大切さや効用は、やってきた人なら誰でも手応えを感じているはず。ところが、今度は、「慣れ」という壁が待ち構えている。そ…

続・鼻うがい。

鼻うがいについて書いたら色々と問合せをもらいました。なんとなく、ピンと来るものがあるんですね、みなさん。「ツゥーーーーーーンってしないんですか?」「コワイですね、やっぱり」というご意見が多いんですが基本的にツゥーーーンという痛みはないです…

鼻うがいのコツ。

まだ始めて一ヶ月ですがからだの感覚には、うるさい方なのでヒントになる視点もあるかも!と鼻うがいの際に私が気をつけていること。ちょっとしたコツをシェアしますね。 一、お湯は必ず沸騰させ、再沸騰させない鼻うがいに使用するお湯は全て沸騰させたもの…

ルーティーンの“鼻うがい”

最近取り入れた新しいルーティーンメニュー“鼻うがい”。 まだ、はじめて1ヶ月ほどなのですがとても気に入っています。そもそも、鼻呼吸の大切さを知ったのは、医学博士の西原克成先生のご著書で。 あれ以来、鼻呼吸はいつも意識内にあって口元には気を配って…

日々のルーティーン。

三枝メソッドのトレーニングには、からだを動かすフィジカルなものに留まらず感情や現象の捉え方、いかに自分を把握しコントロールできるかなど思考やメンタルに働きかけるトレーニング方法も多い。 日々のルーティーンとして代表的なものが、三年日記。これ…

煩悩遊び。

朝の4時過ぎにふと目が覚める。まだ暗いし、しんとしていて静か。目の前に広がる海と空とぼんやりとした水平線。時間とともに移りゆく朝焼けのイルミネーション。 やることが決まっていない時間。その心地よさ、開放感たるや。それも、制限が決まった時間が…

輪郭をたどる。

コラムみたいな記事が好きですよ、とコメントをもらってブログ書いててよかったなと嬉しく思っています。変わらなきゃいけない!!みたいに自分に急かされたりするとひょいっと誰かからそのままでいいんだよ、頑張らなくていいんだよ、とタイミングよく言葉を…

寝起き。

よく、寝る直前の時間は潜在意識の書き換えに最適だからいいイメージを持って寝るといいという話があります。どんなにイヤなことがあった日でも寝る寸前くらいは、幸せな気持ちで寝たいものですよね。寝起きも同じで、騒音の中で起きた時の不快感は寝直した…

イチローだって、4割未満。

今、道場では、飛躍受け身というのを稽古しているのですが、これが面白くって。大の大人が、いい年して大真面目になってマット目がけて飛びにいくんです、何度も。それこそ、余計なことを考えてたら飛ばない言い訳しか思いつかないのでアタマの中を空っぽに…

潜在意識は変化を嫌う。だから、“革命のファンファーレ”

変わるのが、コワイ。というのは、潜在意識の防衛本能が働くからだと言いますが、“キンコン西野”作品に手が出せないでいたのはそのせいかなと思ったりします。見た目や職業のイメージで一括りにしたがるのは、人間の習性、ですよね。ところが、年下の友人が…

オススメのシルク下着なら。

『かなちゃんオススメの下着が気になる♡』と、綺麗なお姉さんからリクエストを頂いたので、下着のお話を。 素材はもちろん、形も様々ある“下着”。着心地も大事だけれど、見た目も大事ですよね。それとコストパフォーマンスも。下着は、一通り試してきました…

防寒着、どうする?

朝晩の冷え込みが強まって慌てて防寒着を揃えている方も多いのではないでしょうか。 私は、冷え性なのに重ね着がどうも苦手でいつも震えながら越冬をしてきたのですが「冬はやっぱりヒート○ック」という声を参考に少しは賢く冬を越そうと買い物に出かけた。…

体温を感じる。

“ からだの声を聴く”には、どうすればいいか? まずは、体温を感じるところからはじめてみましょう。 体温には波があって、一日のうちでも1度くらいの変動がありますが体温計で計る体温というよりもここでは、体感できる体温のことを指しています。 もう何十…

からだの声って?

からだを信じて生きてみる と、ブログ名にしているだけあって からだの声を聴くことを 大切にしています。 お金もかからないし 用意するものもないので みなさんにも、ぜひ 実践してほしいのですが そもそも、 “からだの声を聴く”って どうゆうことなの?と …

願解き。

「願解御礼(がんけいおんれい)」や 「願解き(がんほどき)」という言葉がある つまりは、お礼参りのことですが、 そのセンスがとても好きで実践している。 お礼参りとは願解御礼(がんかいおんれい)とも言い、祈願やお参りの際にお願い事をされた後、祈…

岡山に行ったなら。

3年前の旅日記より ーーー 「僕らには、お金は無かったけど、 その代わりに時間はあったからね」 彼は、爽やかな表情で、そう言った。 東京から岡山県・総社市に移住した ステキな若夫婦の古民家に、 直接会うのは初めてにも関わらず 快く泊めさせてもらい、…

その勢いを止めてはならぬ。

個々には、個々それぞれの 生命(性)エネルギーがあります。 そのエネルギーを 上手に誘導して、流してやること。 それこそが、そのカラダの持ち主の 役割なのだと思っています。 生命エネルギーが滞ったり 詰まったりして、逆流してしまうと 自暴自棄にな…

ロマンな秋。

窓から入る風が、 すっかり秋めいて気持ちいい。 一昨日は、 けたたましい Jアラートの警戒音に 何事かと家族で顔を見合わせ、 3.11のころの緊迫した空気感が 一気に押し寄せ、思い出されました。 あの時も 気持ちが休まらなくて、 心が疲弊していく人々の姿…

なでしこ倶楽部、今月はお休みです。

8月・9月のなでしこ倶楽部の日程を アップしていましたが、 今月は、お休みとなります。 よろしくお願いします。 雲の上は、いつも晴れ。 出張中のフライトより。

人は、海藻。

人は、ゆらゆら揺れている。 ピンッ!と立っているつもりでも 人は、揺れながら立っている。 例えば、 橋は揺れるように設計されている。 揺れることで、加わる力を分散させ 重みに耐えられるように出来ている。 揺れなければポキッと折れてしまうから。 野…

間合いは、ただ一点。

“手放し”修行を通して、 間合いについても勉強させられる。 断捨離をしていると モノとの“今”の 適切な距離感を見つけられる。 以前はあんなに重宝していたのに 今は全くその時の価値を感じないモノ。 もちろん、その逆もあるし 必要と思っていたのに、 とう…

告白する。

告白まで行かなくとも 打ち明けることも one out の一つ。 coming out という単語があるくらいですし 日本語だと、“白” や “明るい”という 漢字がつくのが面白いですね。 押し入れの中身もそうですが、 自分の感情の押し入れも 風通しをよくしておくこと。 …

動きだす、one in.

手放しが先にあって、 それから迎え入れるという意味の One out, one in. one in = 迎え入れる と、表現してきたのは、 手放すと、自然と入ってくるから。 モノを手放すと、 感情や想いを受け取ったり 新しい情報が入ってきたり 人からプレゼントとして受け…

なでしこ倶楽部、日程変更のお知らせ。

直前のお知らせになりましたが、 今月のなでしこ倶楽部の日程変更のお知らせです。 今月は、27日(木)に開催します。 第3回『なでしこ倶楽部』 とき:7月27日(木)13:30〜15:00 (13:00開場/15:30閉館) ところ:北海道小樽市稲穂3-22-11 龍宮神社 いなほ…

変化をもたらすほどの決断。

出張よりも断捨離を優先させてもらえ 本格的な断捨離を開始。 経験上、断捨離は焦ってやるものではなく 効率や手っ取り早さを求めてもいけない。 武道では“結論を急がない”ように、 断捨離も同じ。 はじめは、 ウォームアップ程度にどうみても不要で ただ残…

one out の余白。

“ One out, one in. ” 手放しが先にあって、 それから、新しいものを迎え入れる。 呼吸法の原則も同じで 息をたくさん吸おうと思ったら まず、息を吐ききることと教えられる。 古い靴を手放すと 不便さを感じる。 でも、その不便さもたかが知れていて、 同時…

One out one in.

チェンマイから帰国した私の 頭の中でこだましていた言葉。 “ One out, one in. ” 断捨離のやました先生の言葉で 一つを手放して、 一つを迎え入れるという意味。 例えば、靴が古くなったら まず、新しい靴を買いに行き その後、古い靴を捨てるのが一般的で…

チェンマイと“手放し”の連鎖。

タイは、チェンマイに出掛けていました。 と言っても、 デトックスツアー。 ひたすら、腸と肝臓や胆のうに溜まった 毒素を絞り出すために あらゆるメニューをこなす数日間。 食を断ち、 口からは、ハーブやジュースやお茶 お尻からは、コーヒーやお水 それぞ…

6月のなでしこ倶楽部。*日程変更あり

***出張のため、日程を変更しました!*** 6月15日(木)です!よろしくお願いします。 ******************** お待たせしました。 6月のなでしこ倶楽部の日程が決まりました! 次回は、6月13日(火) → 6月15日(木)に変更しまし…

大胆に、デリカシーを持って。

結論を急がないというと とても消極的な印象を持つ方もいるでしょう では、合気道は、どんな風に技を掛けるのか それは、 大胆に、デリカシーを持って と言います。 一見、両極端のような要素が 絶妙な塩梅になった時、 不利な状況を反転させる力を持つわけ…