からだを信じて生きてみる

なでしこ合気道という名前で、三枝流メソッドを伝えています。三枝誠(龍生)の娘ブログ。

ココロ、奪われることを!

 

昔から、やりたいことがあるタイプの子供ではなかった

人目を気にして、大人たちに睨まれないように

穏便で、人前にさらされない選択ばかりをしていた

 

早く一人暮らしがしたくて

高校に入る時に、家を出て

父の会社に居候させてもらった。

 

 

合気道に出会ったのは、19才の頃。

それまでは、父が合気道をするということも、知らないでいた

 突然、道場の話が持ち上がって、父は青梅で合気道を教えることになり

私は、そこの事務を任され、稽古にも参加させてもらった。

 

 

 

そんな合気道との出会いから、11年。

気がつけば、私は30歳を迎え

有難いことに

人生のちょっとした酸いも甘いもを、経験させてもらったりして

少しばかり、大人になっていた。

 

 

(* 実は、合気道は、

   人生経験が深いほど面白くて、

   楽しくて、ためになる武道だとは、

   大人になるまで、わからなかったのだ。笑 )

 

 

 

今春。

父は合気道の専修生という

特別な稽古を積む生徒を募集し、

期間限定で特訓を始めた。

 

 

特訓が始まって2週間が経ったころ

ほんの少し、見学の機会を与えてもらった私。

 

 

その稽古は、まさに私が習いたかったドンピシャな内容で

 

一瞬にして、

 

    ココロ奪われた  のだった。

 

“ この空間に身を置きたい!!! ”

 

 

 

それからの数日、悩みに悩んだ挙げ句、

3日後には、嘆願書を持って父の前に立っていた。

アシスタントとして、遠慮すべきだとか

色んな考えが頭を廻ったけど

 

私は、突き動かされるように

どうしても

専修生になりたいと思った。

 

人生において、これほど、

“ 欲しい ” と思うものは、なかった。

 

 

それからの3ヶ月、

どんなに睡眠時間が削られようとも

どんなに仕事がキツくても

私のココロは、ときめいていた。

 

人生史上、超絶刺激的な日々の到来だった。

 

 

 

 

やりたいことなんて無かった、あの頃。

あったのは、やりたくないことだけだった。

 

 

もしも、あなたが

 

ココロ奪われることに出逢ったら、

 

迷ってでも、手を伸ばして、引き寄せてほしい。

 

 

その先に待っているのは、

あなたの

人生史上、超絶刺激的な日々かもしれないから。

 

 

 

f:id:nadeshikokana:20140802112227j:plain

 ココロ奪われるほど、
合気道を好きだったなんて、自分でも驚きなのです。

だから、“ からだを信じて生きてみる ” ことが、やめられないのだ!笑