からだを信じて生きてみる

なでしこ合気道という名前で、三枝流メソッドを伝えています。三枝誠(龍生)の娘ブログ。

私のスタートライン


中学を卒業して、すぐに父の仕事を手伝いはじめた。
手伝いと行っても、15才ができる、かわいい程度だ。
高校は、会社近くの夜間学校に進学が決まり
日中は掃除・洗濯・アイロン、夕方からは女子高生という生活。

青山の骨董通り近くに位置する会社に
新入りの私の部屋が用意されるわけはなく
スタッフルームの一角のデスクが与えられ
デスク下が私のクローゼットとなった。
スタッフルームのソファベッドが、夜は私のベッドになり
洗濯物も夜の間に干していた。

ちいさい頃から、引越しが多かった私は、
それほど私物を持つ環境になかったと言える。
物への執着も少なかったように記憶している。

だからか、そんな生活でも、私は、幸せを噛み締めていた。
これからの人生が、とても眩しいものに見えていた。

人生を振り返る時、いつも、15歳の頃を思い出す。
“あの時の自分に恥ずかしくない大人になる”
ずっと、そう決めていた。

大人になった自分が、15歳の自分に会いに来て、
「これからの人生が最高に楽しいから。楽しみに、頑張るんだよ」と言っている。
そんな映像が私には、見えていた。

 


大人達に「生活は、どお?」
と聞かれると、私は、
「ありがたいことに、年々、幸せになっているんです。」と、答えていた。


それは、実感もさることながら、
未来へ希望を託す意味でも、子供ながらに思いついた策だった。



15歳。
私のスタートラインだ。

f:id:nadeshikokana:20150821022351j:plain