読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

からだを信じて生きてみる

なでしこ合気道という名前で、三枝流メソッドを伝えています。三枝誠(龍生)の娘ブログ。

一線を越えるな。

 

人間関係においても、

間合いって大事。

そして、結構、難解なものだと思います。

 

仲良くなってからの間合いは、

もっと大事で、もっと難解。

 

特に、「家族」になると、

間合いは、肝とも言えます。

 

 

合気道は間合いの勉強でもあって

難解だからこそ、面白く

そして、ぴったり間合いが決まった時の

心地よさったらないわけです。

 

 

 

正月に引いたおみくじは、大吉でした。

でもそれ以上に、面白かったのは、、、

f:id:nadeshikokana:20170127233612j:plain

 

恋愛のところ

f:id:nadeshikokana:20170127233657j:plain

 

「一線を越えるな」

 

 

一般的に一線を越えるとは、

一夜を共にすることと思いがちですが、

まさに、「適正距離を保て」ということだ

私は受取りました。

つまり、間合いの話です。

 

人というのは面白いなと思います。

人同士の距離が縮まるのは、

フィジカルにも、メンタルにも

グッと近づいた時です。

つまり、一歩踏み込んだ

シチュエーションの時ですよね。

 

 

間合いというのは、

常に一定距離を保つということでなく、

その時々の適正距離を保つこと。

 

つまり、

行く時は行き、

引く時は引く、ということ。

しかも、海の満ち引きみたいに

自然なのが理想です。

 

男女関係においても、

これが無いと、先に進みませんよね。

だからと言って、

そのまま土足で上がるのは、失礼だし

遠慮して上がらないのも、残念です。

ひとたび、上がったなら、引き際が肝心。

 

まさに、一線を越えるな。

 

 

料理の塩加減に似ているなと思います。

塩が足らないと、ボヤケてしまうし、

塩が過ぎると、辛くて食べられなくなります

だからといって、無難に薄味にするのか、

それとも、ギリギリの塩加減に挑むのか。

 

チャンスに強い人は、

そのギリギリに挑むような人のことを

指すのでしょう。

 

 

 

波乗りみたいに、悠々と、

線上を行きたいものですね。


 

f:id:nadeshikokana:20170127234739j:plain

 

ちなみにこのおみくじ、

一旦、神社に結んできたのですが、

傑作だったので、神様に断って

翌日、取りに戻ったのは、ここだけの話。