からだを信じて生きてみる

なでしこ合気道という名前で、三枝流メソッドを伝えています。三枝誠(龍生)の娘ブログ。

そして、いつもいっぱいのロマンス

 

先日ご縁をいただき、

仏蘭西料理「北島亭」に

連れて行っていただきました。

 

f:id:nadeshikokana:20170304170617j:plain

 

北島亭と言えば、

フレンチ好きで知らない人はいない

老舗のフランス料理店。

 

 

そのシェフ、北島素幸氏に

初めてお会いしたのは、今年の初め。

小さな新年会に同席させていただき

その熱い熱いお人柄に触れ、

一夜にしてファンになりました。

 

一瞬の出会いや、感動のひと時を

何十年もその密度そのままに

心に留めておられる方で

美しいまでのエナジーカラー白。

青春時代のお話を聞いていたら

シェフの想いが伝って、

ポロポロと泣いている私がいました。

 

 

ご著書「北島素幸のフランス料理

〜僕はトラディショナルを追求する〜」は、

北島素幸のフランス料理ー僕はトラディショナルを追求する

レシピがメインではありながら

後半にはシェフの語り口で書かれた文が

たっぷりめに載っており、

お人柄が伝わってきます。

そこを読むだけでも

“こだわり”という言葉を越えた

ご本人の信条と愛情があふれて

読み手に届いてきます。

 

65歳になった今でも

毎朝、欠かさず築地へ出向き

食材を仕入れてらっしゃるシェフ。

気取らず、ただ真剣に向き合う。

 

トラディショナルを追求されている

シェフの料理は、豪華絢爛なのだけど

お高くとまっているような気配は微塵もなく

むしろ温かい。

歴史が刻まれた店内の雰囲気も相まって、

ほろッとさせる隙までも与えてくれます。

清々しく、潔い生き方が料理に、お店に

沁みているように思えてなりません。

 

 

 

 

ちょうどこの記事を書いている時に、

目の前に飛び込んできた一枚の張り紙。

f:id:nadeshikokana:20170314192126j:plain

人が人らしく だらしなく なさけなく 

でも真剣に いつわらず 純粋に濁らず

けんめいに あくまで猛然とけんめいに

己れのやり方で生きている

そんなドラマをテレビで書きたかった

      「北の国から」 倉本聰

 

そう、まさに、北島シェフの生き方を

表している言葉でした。

 

 

 

 大御所であるシェフが

「もう少し上手になりたい」

と本気で仰るから、もう言葉がありません。

明日からまた頑張らせていただこうと

たくさんの愛情を受け取って想うのでした。

 

f:id:nadeshikokana:20170304171327j:plain

 サインも!!

 

 

北島素幸のフランス料理ー僕はトラディショナルを追求する

北島素幸のフランス料理ー僕はトラディショナルを追求する