からだを信じて生きてみる

なでしこ合気道という名前で、三枝流メソッドを伝えています。三枝誠(龍生)の娘ブログ。

願解き。

 

「願解御礼(がんけいおんれい)」や

「願解き(がんほどき)」という言葉がある

つまりは、お礼参りのことですが、

そのセンスがとても好きで実践している。

 

お礼参りとは願解御礼がんかいおんれいとも言い、祈願やお参りの際にお願い事をされた後、祈願が叶ったら詣でて、祈願を解き(願解)、いただいたお札などを納めることをいいます。

参考サイト http://www.kigan.info/thank.html より

 

私が、願解きを意識するようになったのは

知人のこんな話を聞いてから。

 

ーーーーー

ある男性が、

なかなか良いご縁に恵まれないので

これまでを振り返った時、

今までお付き合いをした女性と

縁結びの神社に参拝していたことを

思い出しました。

残念ながら、

歴代の彼女とは別れてしまったけれど

縁結びを願ったままだったではないか!

と、はたと気づくのです。

 

そこで、これまで参拝した神社に

“願解き”をする旅に出掛けます。

 

一通り、御礼参りを終えるのですが、

最後の神社が思い出せません。

「たしか、あの辺りだったはず。。。」

と記憶を頼りに歩くのですが、

見つからない。

 

日を改めて、また出掛けてみるのですが

やはり、見つけられない。

そこで、近所のお店に聞いてまわると

一人のお客さんが

心当たりのある神社を教えてくれます。

これまでの経緯を話すと、その人は

「ぜひ、ご一緒させてください」と

最後の願解きに同行します。

 

ようやく、全ての願解きを

終えることができた男性は、

御礼にその女性と食事をし、

無事に帰路についたのでした。

 

 ***

 

そう。

もうお分かりのように

その男性は、その日たまたま出逢った

その女性と後に結ばれ、

二人は家族になったそうです。


ーーーーー

 

その話を聞いて以来、

何かお願い事をしたら、その御礼をする。

たとえ、希望通りの結果が出なくても

コトが終わったり、区切りがついたら

御礼と報告をするようにしています。

 

お願い事も断捨離と同じ

One out, one in.

 

お願いしっぱなしで

お願いしたことすら忘れていたり、

お願いタスクだけが溜まる一方では

先方もやる気が出ないというもの。

 

人は、困った時には、謙虚になれるのに

悩みがなくなれば、ゲンキンなもので

ケロッとしている生き物。

だからこそ、

まずは自分が意識できる範囲から

統制を取って、片をつけておきたい。

 

 

先日、願解きをしに、

ある場所へ向かいました。

記憶を頼りにやっと辿りついて

御礼と報告をしてきたら

心なしかスッキリして。

その夜、たまにお目にかかる知人には、

「今までで一番いい顔してるね」と

言われたくらいなので、

あちらの耳に“ 願解き ”が届いたんだなと

安心したのでした。

 

f:id:nadeshikokana:20170911160759j:plain

 

 

目に見えないモノほど

まるで無くなってしまったかのように

都合よく考えてしまったり、

うかつに取り扱ってしまいやすいけど

そのあたりを大切にできる人が

目に見えないものの大いなる力を

享受できるのかもしれません。

 

 

f:id:nadeshikokana:20170911160927j:plain

 

雑多な毎日に追われていると

時間にゆとりもなく、実現させにくいですが

「やろう!」と決めると

ある時、ポッカリと時間が空くのが

こういう儀式の不思議です。

 

 

  

 願い事つながりで、こんな記事も。

nadeshikokana.hatenablog.com

 

 "One out, one in." については、最近の記事でも熱く書いています。

nadeshikokana.hatenablog.com

nadeshikokana.hatenablog.com