からだを信じて生きてみる

サエグサ流メソッドを知って、からだの声を聴いて、もっと自分らしく! サエグサ龍生(三枝誠)の娘ブログ。

足りてないのは、“塩”かもしれない

 

“ほんのちょっと”の行動にも

繋がらない自分がいるなら、

“塩”が足りていないのかも。

 

決断の早い人、行動力のある人は、

からだに“塩気”があります。

 

塩は、陰陽で見ると“陽性”。

陽性には、締める、縮める、硬くする、温める作用があります。

つまり、求心力

逆に

陰性には、緩める、拡げる、軟らげる、冷える作用があります。

つまり、遠心力

 

 からだを陽性にしておくと、

人も、物も、お金も、運気も

おのずと寄ってくる。

 

 

塩と一口に言っても、

食卓塩や食塩などの精製塩は、

成分の99%が塩化ナトリウムで化学物質。

摂りたいのは、いわゆる“自然塩”。

自然塩には、多種のミネラルが

本当に微量ながらも豊富に含まれています。

ミネラルは多量に摂ることよりも

少しづつを摂り続けることに意味があります。

 

決まった一つのミネラルを取り出すではなく

そのバランスをそのままに取り入れる

それこそが大事です。

 

たくさんのミネラルの中で、

本当に微量なのだけど、

からだが要求しているミネラルを

自然が作り出した調和で摂れるのが

自然塩の魅力です。

 

それこそ、

その“ほんのちょっと”のミネラルを

補ってあげることで、ピースが揃い、

体内が円滑に回り出します。

 

そうすると、

あ!って時に、

スッと体が行動できるようになる。

 

 

自分が怠けモノなんじゃなくて

足りてないのは、単純に

“塩”かもしれない。

 

f:id:nadeshikokana:20180518085508j:plain

 

それじゃ、おすすめの塩は?

という詳しい話は、今後こちら↓で書いていきます。

北のなでしこ アマウツシ|note

 

“塩気”のある人になって、

家族や大切な仲間の力になってあげてください。

 

 

 

塩の違いについて、わかりやすく説明してくれている
有難いサイトがありましたので、リンクを↓

天然塩の種類と成分とは?精製塩と何が違うの? | 料理のギモン!? -たべものニュース-

 

 

 前回の記事はこちら。

nadeshikokana.hatenablog.com

 

 

 以上、なでしこかな でした。

 

 

 

人って、ほんのちょっと。

 

人って、ほんのちょっと。

 

なんだよなぁ。

と、しみじみ思う今日この頃です。

「最低」とか、「最悪」という

極端な単語が使われやすいけど、

本当は、完全に悪者も、

完璧な人間もいない。

どの角度から見るかで、

どんな解釈をするかで、

状況は、全く違うから。

 

人は、人に幻想を描きたがる。

自分の不完全を払拭したい思いや

夢を託すことで自分が楽になるのかもしれない。

 

 だけど、

とても強そうな人も、

実はナイーブで不安だったり、

完璧そうな人だって、

自分の不完全を嘆いていることだって多々。

 

信念があればブレない?

そんなことはないでしょう。

揺るぎない瞬間はあるでしょう、

でも、いとも簡単に崩れる時だってある。

人間だもの。

 

だれかのちょっとした後押しに

もう少し頑張ろうとか、

だれかの1本の電話が、

命を拾うことだってある。

 

人って、ほんのちょっとだ。

そのほんのちょっとを怠ったことで

考えもしなかった事態になったり

歯車が狂い出すこともある。

 

 

だから、頭に浮かんだことをやろう。

こうするといいかな、と

思いついたことを実行しよう。

 

あの人に電話しよう。

あの人に声をかけよう。

あの人に手紙を書こう。

 

切手代とか、電話代とか

出費は、それが与える力と比べたら

ほんのちょっとだ。

それ自体がお金を産む行為じゃなくても

大事な何かを産むことがある。

 

フト、思いついた

やってもやらなくても

どっちでもよさそうな

“ちょっとした”こと。

 

誰に頼まれたわけでもなく

力が入っていないそれを

すんなりやってしまおう。

 

f:id:nadeshikokana:20180427162312j:plain

 

後回しにすると、なぜか

ものすごく億劫に感じてしまうから。

“フト”を大事にしよう。

 

 

朝日を浴びるつくしんぼを見ながら。

ナマケモノの自分へ戒めを込めつつ。

 

 

 

 

nadeshikokana.hatenablog.com

 

 

改めての断捨離。

 

何に時間を費やすか。

どんな風に時間を使うか。

それは、ひとそれぞれ。

 

できればダラダラと、流されるのではなく

自覚して、意識して、流れに乗りたい。

 

そのお稽古を積み重ねさせてくれるのが

何と言っても、断・捨・離

 

学べば学ぶほど、

実践すれば実践するほど、

まだまだと思わせてくれるところが好き。

 

自分が得た知恵は、できれば

大切な人にも知ってほしいと思うもので

“伝え方”を考えることが多い昨今。

 

だって、伝わっただけじゃなく

ぜひ実践し、生活に加えてもらえたらと

願わずにはいられないほどのものだから。

 

 

断捨離でいつも大切になるのは、

“今”と、“自分”。

時は刻一刻と流れていて、

だから、“今”と思っていたことも

気がつけば、“少し前の自分”なわけで

アップデートしていく必要がある。

 

そう考えていけば、

“今”の“あなた”にとって、

大切なものが見えてくる。

 

大切なヒト、モノ、コト。

自分にとって最優先事項は何か?

本当に自分が求めていることは何か?

自分にとっての幸せとは何か?

 

とてもシンプルなことなのだけど、

自分と向き合う方法論を持っていない人は

案外、人が決めたことがいつのまにか

自分の幸せであるとか、目標であると

すり替えていることも少なくない。

しかも、時間は経過していくのに、

考えだけがそのまま化石のように固まって、

いつの自分の思いだったのかも

思い出せないような状況だったりするから

可笑しいものです。

 

自分の奥の方で求めているものは何か?

それをモノと向き合うことで

自然に教えてくれるのが、断捨離で

私はその方法論をとても気に入っている。

 

お金もかからず、今すぐ始められること。

でも少し、恐ろしいことでもある。

 

それは、、、

本当は分かっているのに

見て見ないフリをしたり、

決断せず、保留状態にしておきたいことが

誰にだってあるはずだから。

そして例えば、

そこに、誰かをかばうように

残していた理由が潜んでいたりして、

それと相対してしまうと、その人との

関係性も壊れてしまうんじゃないかと

不安になるからややこしい。

 

だけども、

本当は、大したことじゃないのよ!! 

死守しようとしていた思いや、願いや考えは

死守に値する程では、

とっくに無くなっていたり

そもそもそれほどムキになるようなことでは

無かったりすることが、多々あるもので。

  

人はどれほど固着し、執着するものなのかは

サエグサ合気道で、イヤというほど

気づかされている。

だからこそ、断捨離の思想もすんなり
受け入れられているのかもしれない。

 

f:id:nadeshikokana:20180409113409j:plain


 

 そんなわけで、

人に断捨離を伝えていると、

改めて自分の断捨離にも目が向いて

もううずうずして、

居ても立っても居られなくなり

直帰したくなるわけです。笑

 

「あ、そうだ、

アレをダンシャろう ♪」ってね。

 

 

 

 断捨離を改めて確認できる

バイブル的な新刊がこちら。

ベテランさんも、初めてさんも、

オススメですよ。

 

人生を変える断捨離

人生を変える断捨離

 

 

 

なぜか、ワクワクしちゃうのは、

その先の効用を知っているからかな。

 

 

 

そろそろ、やります!

 

「お教室、やらないんですかー?」と

お声かけいただいています。

ありがとうございます!!

 

そろそろ、やります!

『なでしこ倶楽部』!

 

みなさんにご協力いただきながら

よい“場”となるような

会場、時間帯、内容を吟味しています。

 

「こんな教室を開いてほしい!」という

リクエストも受付けていますので

ご意見くださいね。

 

まずは、小樽、札幌から。

 

そして、

個別に整体をはじめ

プライベートレッスンなどのご相談も

フォームから受付けています。

お申込み・お問合せフォーム ↓↓↓

https://www.secure-cloud.jp/sf/1468110526ZqoBvUdn

(うまく送信できない場合は、コメントください。)

 

 

f:id:nadeshikokana:20180316122904j:plain

そろそろ、やります!宣言。

 

 

 

 

一人より二人。

 

つくづく、
一人より二人だよなぁ
と、しみじみ思います。

 

f:id:nadeshikokana:20180223190249j:plain

 

夫婦、カップル、友達、仲間、
形式は何でもいいのですが、
一人より二人がいい。
と周りを見渡すと思います。

 

一人だと、ついつい偏屈になってしまうし
何となくだけど、心がゆがんでしまうし
柔軟性を失いますよね。

もちろん、一人の時間も
また価値のあるもので
私も大好きですが。

隣にいる人の「行ってみたら?」とか
「やってみようよ」や、
「いいね!」「面白そう!」なんてのは
なんでもない一言だけど、大事ですよね。

 

最近は、なんとなく
諦めモードの節約モードな空気感が漂う時代
積極的に会いたい友人を誘って、
つながりを持ちたいですね。

 

恋愛関係ということではなく
自分を引き出したり、引き上げたり
してくれる人と会うことは
精神衛生上とてもいいことです。
当たり前だけど、
意外と疎かにされている気がします。

 

 

それじゃ、「誰でもいいの?」と
聞かれれば、そんなことはないですよね。
こんな本を読むと、
自分と合う人が分かるようになるかも。

 

整体的生活術 (ちくま文庫)

整体的生活術 (ちくま文庫)

 

 

体は何でも知っている (ちくま文庫)

体は何でも知っている (ちくま文庫)

 

 

 

諦めモードの節約モードは、
心の老いを加速させます。

素敵な人や仲間との出逢いは、
心のビタミン。

自分の心に栄養を与えること。
これも自愛コースのひとつです。

 

関連記事は、こちら。

nadeshikokana.hatenablog.com

 

 

女は、もっと大きく。

 

ますます母性が求められる
そんな時代だとヒシと感じています。

 

エナジーカラーや、体癖(たいへき)など
人を区分する智恵は、多いに役立つのですが
それとは別に、
男と女もまた、大いに違うことを
学ばせてもらうことがここ数年は特に多い。

 

「女は、30代から好みのタイプがわかり出す
だから、余計に結婚しづらくなる。」

とは、父が昔よく言っていたセリフ。
「ガッハハハ!!」と笑いながらね。

 

30代半ばに差しかかってみると、
たしかに身辺の景色が変わってみえる。

見たことのない自分の一面を見る機会が増え
そもそも自分のことは、わかっていないと
以前よりわかってくる。笑

 

そして、“本能”という名の暴れ馬がいることを
自覚するようになる。

“女の性”といえばわかりやすいのだけど、
それだけでは、誤解も多く、
“理性の自分とは違う、
別の生き物が棲んでいる”
そんな感覚に近い。

 

賢い女性は、
その暴れ馬の手綱をキュッと持ち
おくびにも出さず、
柔らかな笑顔を放っていると思うと、
震えるほど格好いい。

 

心を許した女性には
甘えん坊で、
えばりん坊で、
自分の話を聴いてほしいと思うのが
男性として自然な姿なのでしょう。

根本的に男らしい人が多く
それを愛しいと感じるのは、母性の部分。

 

それをまるっと受け止めてくれる
女性が傍にいれば、
男性は元気ハツラツに
外へ出ていける生き物だというのが
今のところの見解です。

 

女性にだって、
ホルモンバランスが乱れることもあるし
やることだって少なくないから
疲れていると心狭くなってしまう。

それをムリにこらえるのも
よくないから、ガス抜きも必要で。

 

でも、できれば、いつでも
まるっと、受け止めたい。

 

キャパシティを広げて、
男性陣を まるっと、受け止められたら
男性は、ますます雄々しくいられ
住みよい社会が待っているように
思える今日この頃です。

 

だから、
女は、もっと大きく。
なりましょうぞ!

 

 

明日は、いよいよ旧正月

イマイチ始まった感がなかったら
ここいらで、一呼吸おいて、
明日からの新たな一年の幕開けに
あなたはどんな抱負を掲げますか?

 

私は、三年日記を買い替えて
心新たに挑もうと思います。

 

f:id:nadeshikokana:20180215212509j:plain

 

 

関連の過去記事は、こちら ↓↓↓

 

nadeshikokana.hatenablog.com

nadeshikokana.hatenablog.com

nadeshikokana.hatenablog.com

nadeshikokana.hatenablog.com

 

 

さぁ、2018!!


色々、色々あった2017年でした。

f:id:nadeshikokana:20180106002524j:plain


今振り返ると、
とてもとても勉強させていただきました。

人の心の揺れといふもの。
人の心の温かさや
様々な思いやりの形。
価値観、死生観、生き方。
そういうものを
ぶわ〜〜〜っと見せてもらえたな。

期待したものは
期待通りには行かなくて、
思いも寄らないところに
幸せは用意されていて。

変わろうとしても
すぐには変われなくて、
でも、振り返ると
すっかり成長していたりして。


つまり、
生きるって
やっぱり面白いな
そう心から思っています。


f:id:nadeshikokana:20180106002600j:plain

 


2018年は、どんな年にしますか?
私は、相も変わらず、この身体とともに
自分の感性を信じて、歩んでいきます。


姿勢といふものに、勇気をもらいながら
懲りずに、頑にならずに、
めくるめく出逢いを、重ねていきたいです。


f:id:nadeshikokana:20180106002454j:plain



ご縁を頂いた皆さんと、本年も、
この生を楽しんでいけたら嬉しいです。

どうぞ、お付き合いのほどを♡