からだを信じて生きてみる

なでしこ合気道という名前で、三枝流メソッドを伝えています。三枝誠(龍生)の娘ブログ。

ぞうきん絞り

ぞうきんって、どんな風に絞っていますか?

 

絞り方ひとつで、

締まりのいい身体が作れるの

知っていましたか?

 

日頃のからだの使い方が

心身を作り上げるもの

 

締まりがいい人というのは、つまり、

芯があって、外側はふんわり柔らかい状態。

おしりがキュッと締まっていて

胸が開いていて、肩が落ちている状態。

 

女性ならまさに“やまとなでしこ”な感じ。

男性なら、ゴツゴツした筋肉ではなく

しなやかで強靭な筋肉が体幹についていて

包容力がある感じ。

 

女性の一大イベントのひとつ、出産にも

この締まりがあるかないかで、

出産前後の生活が別物になる。

 

また、人生の後半に訪れる

尿モレの心配もいらなくなる。

 

 

例えば、“ぞうきんを絞る”

ただそれだけで、締まりのいい人になれる。

魅力的ですよね。

 

 

 

雑巾しぼりのコツは、

小指から絞ること

f:id:nadeshikokana:20160505205847j:plain

 

人差し指をメインにしぼるのは、NG

f:id:nadeshikokana:20160505205856j:plain

これだと、力む筋肉を育ててしまいます。

からだの外側の筋肉を固め、

内側がゆるみやすくなってしまうのです。

 

 

小指からしぼって、人差し指を抜く。

これが、“雑巾しぼり”です。

f:id:nadeshikokana:20160505205814j:plain

 

武道の世界に、

「足の親指、手の小指」という言葉があります。

力を込めるというと、力む人がいるので、

意識を向けるポイントと、書いておきます。

 

毎日血のにじむような特訓をしなくても

日常の些細なところで、

意識を向けて積み重ねることで

自然にゆっくりとからだは出来上がっていきます。

 

ぞうきんを絞る時は、小指から。

ぜひ、明日から活用してみてください。