からだを信じて生きてみる

なでしこ合気道という名前で、三枝流メソッドを伝えています。三枝誠(龍生)の娘ブログ。

頭の緊張をとろう!


仕事で、とっても頑張ったり、
徹夜して、何時間も頭を緊張させると
頭はカチコチになってしまうものです。

頭蓋骨というのは、いくつもの骨が合わさっており、
骨と骨の間は、わずかながら閉じたり開いたりします。

集中している時は、頭蓋骨のすき間がキュッと締まっていて、

リラックスしている時は、すき間がゆるんだ状態になります。


身体は疲れてくると、
リラックスしようと、頭蓋骨のすき間を広げようとします。
昔からの、ハチマキを巻いて、気合いを入れる!というのは
キュッと結ぶことで、頭の広がりを防ぎ、集中力の持続を図っていたわけです。

さて、問題なのは、
リラックスする方法です。
整体的にからだが健康な状態というのは、
しなやかで柔軟であることです。
つまり、身体が思いのままに閉じたり開いたりできる
メリハリのある状態。

靴でもモーターでもそうですが、
長時間・連続的に休みなく使用すると
寿命が短いし、メンテナンスも大掛かりになったりします。

使ったら休む、休んだら使う。
この緩急が大事なんですね。


一時流行した、小顔になる整体というのは、
つまり、このハチマキの要領で行うわけですが、
技術でもって圧をかけると、
自らゆるめることがさらに難しくなります。
気が短くなったり、ピリピリと神経質な状態になりがちです。
モテるために小顔にして、「あいつは神経質だ」と
煙たがられたのではモッタイナイです。

その効果も一生続くわけではないのですが、
リラックスすることの方が、コツがいる
ということを覚えておきましょう。


次回は、頭をリラックスする方法を。


f:id:nadeshikokana:20151001122149j:plain